ブログタイトル

ここにサブタイトルが入ります。

ここに記事タイトルが入ります。

f:id:uh-takumi-miyata:20161230182038p:plain

こんにちは。今回は僕が昔、通いつめていたカフェの店員さんにsuperfryのCDをプレゼントして大失敗だった話について書いてみたいと思います。

注)superfryが悪かった訳ではないことを先に補記しておきます。←

僕がまだ学生の頃、居心地の良いカフェがあって、毎日の様にそのカフェに通っている時期がありました。

家からまぁまぁ距離のあるカフェにこもってひたすら作業をしていたのを思い出します。

 

カフェの店員さんにCDをプレゼントしたかつての僕

とまぁそれは個人的な話なので置いておいて、本題へ。そのカフェでとても良くしてくださっていた年上の女性の店員がいらっしゃいまして、ほぼ毎日の様に顔を合わせているうちに好きになっていたのです。

 

しかしまぁそんな淡い恋は実らないもので、カフェが閉店することになったんです。もう会えないのかぁと思った僕はなぜかそこで「何かプレゼントしよう!」となった訳です。

 

そしてその店員さんが音楽が好きらしいという情報のみをもとにプレゼントを模索。選んだのはsuperfryのアルバム。なぜsuperfryを選んだかというと、当時僕が好きだったから。笑

 

Superfly BEST (通常盤)

Superfly BEST (通常盤)

 

 

うん、これですこれ。このアルバムです。

 

その店員さんが空いている時間を見つけて、まさにこの僕の大好きなsuperfryのアルバムを渡したのですが、「え、お、あぁ、ありがとう。。。。」という感じになり、めちゃくちゃ気まずい空気になりました。焦

 

その時やっと冷静になり、こちらから一方的にプレゼントしたsuperfryのアルバムというプレゼントの謎さに気がつきます←

 

あの時の情けなさというかアホらしさは今でも痛烈に覚えています。

プレゼントは相手のことをきちんと知ってから選べ、かつての自分よ。

前回の記事でも書きましたが、プレゼントはせっかくなら相手のことを詳しくしってから(知る努力をしてから)選びたいですね。

 

僕が得ていた情報は「音楽が好き」というただそれだけ。どんな音楽が好きなの?とかどれくらい音楽が好きなの?とか、もっと想像できることはたくさんあったはず。せっかくなら相手の喜ぶポイントをもう少し知ってから踏み出したかったところです。

 

毎日カフェに通っていたんだから、それくらい話せる機会はたくさんあったろう、かつての自分よ。

 

プレゼントは渡す時だけでなく、渡すまでの関係性づくりが大事だよ

f:id:uh-takumi-miyata:20160525235636p:plain

ということからも分かるように、プレゼントって、プレゼントを渡すその瞬間だけでなくそれまでの関係性が大切ですよね。友達や恋人、家族などのもともと仲の良い人なら気にする必要もないですが、こういうケースの場合、相手が自分をどう見ているかが分かりません。

 

なんせまぁ、相手からすれば僕なんて「ただのお客さん」ですからね普通。距離感を感じている状態でプレゼントを渡しても響かないことが多いと思います。単発で頑張るのではなく、普段から少しずつ心の距離を縮めるような接し方をしていることが大事ですね。

 

笑顔で、楽しく話すことができれば仲良くなれるはず。大きな一歩も小さな一歩からということで、プレゼントを考える際にも、普段からのコミュニケーションを大切にしておきたいものですね。

おわりに

以上、カフェの店員さんにプレゼントした音楽CDが大失敗だった話についてでした。振り返れば当たり前すぎる状況で失敗してるじゃん自分。と思った瞬間でした。

 

踏み出すことは良いことですが、もうちょっと考えればさらに良くなる!俺!

 

(※)基本的にカフェの店員さんがお仕事中にあれこれと話しかけたりするのは迷惑になる可能性が高いので、そのあたりは各自、ご判断くださいませ。

 

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。