ブログタイトル

ここにサブタイトルが入ります。

ここに記事タイトルが入ります。

f:id:uh-takumi-miyata:20161022193546p:plain

こんにちは。このブログを通じてプレゼントについての体験談を綴っていきたいと思っているミヤタです。以前、友人が「プレゼントなんて所詮、自己満足なんだからそんなに考え込んだって仕方なくね?」と言っていました。

僕はその一言を聞いて、ほんとそれ!って思うのと同時にいろいろ考えるキッカケとなりました。今回はプレゼントって自己満なのか?そして自己満ではなく相手にも喜んでもらうために何ができるか?について書いてみたいと思います。

プレゼントする喜びが無いのであればそんなの苦しいだけなので辞めた方が良い

まずはじめに、僕はプレゼントって「プレゼントする喜び」を感じられてこそのものだと思っています。

相手を想う時間、プレゼントした相手の反応を考える時間、プレゼントへの感想などなど。もらった方が嬉しいという前に、プレゼントをする方がまず喜びを感じられるところがプレゼントの素敵なところですよね。

実際僕も、普段何かにお金を使うことが少ないのですが、誰かを想ってプレゼントを選ぶ時間がとても楽しかったりします。誰かを想っているその時間が、心に安らぎを与えてくれていたりします。

そのように、プレゼントを選んでいる自分自身が楽しいと感じたり、愛おしいと感じられないのであれば、それは辞めた方が良いですよね。人間関係を維持するためにここは何かプレゼントしておかなくちゃ。なんて気持ちで選んでも、その心の内は相手に伝わってしまいます。

プレゼントする側がまずは楽しい時間であることが大切です。そういう意味で、まずはプレゼントなんて「自己満から始まる」という友人の考え方はとても良い捉え方だなと思いました。

自己満足の上に相手の喜びが乗っかってるような、そんな感じのイメージですね。うん、図にするとこんな感じ↓↓

f:id:uh-takumi-miyata:20161022194428p:plain

うん、自己満足が無数に存在する中で、相手にも喜んでもらえることがあったらいいな。的な感じで考えれば楽になった気がする24歳男子です。

プレゼントを自己満足で終わらせないために

でもでもでも、せっかくプレゼントするならできれば相手にも喜んでほしい!というのが贈り手側の気持ちですよね。

実際僕もこれまで「やっちゃったー・・・」というプレゼントでの失敗も何度もしてきていますが、メンタル的に辛いのは間違いないです。せっかく相手を想って贈ったプレゼントのせいで関係がぎくしゃくする、なんてのはもったいないですよね。

ましてや、カップルの場合はプレゼントでの失敗が原因で破局。なんてのも考えられない話ではありませんので死活問題!

少しでも相手に喜んでもらえる量を増やしたい!

f:id:uh-takumi-miyata:20161022194849p:plain

100%喜んでもらえる!なんてのは無理かもしれないけど、できることはたくさんあるはず!ということで思うところを書いてみます。

プレゼントは下調べが命!

言われなくても分かっている。と言われそうですが、やはり相手に喜んでもらおうと思えば「相手の喜ぶものやこと」をプレゼントするのが一番ですよね。

ふと相手のことをまず思い浮かべてみてください。どれくらいその相手のことを知っていますか?知っているようで、ふと問うてみると知らないことだらけではないでしょうか。

好きなファッションは?好きなブランドは?好きな色は?好きな食べ物は?・・・などなど。逆に嫌いなモノや苦手なものも知っておいたほうがプレゼントを選びやすいですよね。

相手に質問する

ということで分からないことや知りたいことが盛りだくさんになるので、相手に聞いてみましょう。相手のことを知りたい!っていう気持ちで質問すれば、嫌がらずに教えてくれるのではないでしょうか(この段階で嫌そうにされたらそれはちょっとプレゼントするような関係性にないのかも?)

ただまぁ、いきなりたくさん質問されると疲れるし、一体どうしたんだ?と思われるので、普段から相手のことを気にかけ、質問するようにしておくと良いと思います。まずは日々の小さな積み重ねが大切。ということですよね。

指輪のサイズいつ調べたの?みたいな、しれっと相手のことを知っているのって素敵。みたいな話もありますが、分からないことは相手に直接聞くというのも大切なことですよね。

相手のことを良く見る、聞く。忘れそうならメモを取る

普段見聞きしたこと、質問して教えてくれたことなど。気に留め始めると一人の人から得られる情報量って半端じゃないということに気がつくと思います。

それを一つ一つ頭の中だけで覚えておくことって難しいです。それこそ家族のことや彼女のことなど、ずっと一緒にいる人のことなら別かもしれませんが、それでもやはり忘れることは忘れてしまいます。

僕がやっている方法の一つで、自分に向けてメッセージを送るというメモ方法があります。これは例えばFacebookメッセンジャーで自分に向けて自分でメッセージを送るということを意味しています。

この方法の便利なところはスマホでメモを取ることができる。後から検索できる。慣れ親しんでいるアプリなので抵抗なく使える。というところです。

 

例)

ミヤタタクミさん

好きなスポーツ:サッカー

みたいな感じで自分に送ります。

 

すると後から「ミヤタタクミ」でメッセージ内を検索するとその人に関するメモが出てくるという流れですね。これだとメモした日時も分かりますし、何気に重宝している方法です。

よければ試してみてください。

相手と一緒にプレゼントを買いに行く

あくまでプレゼントはそのモノだけに価値があるのではなく、プレゼントを贈るということに価値があります。

ということで自分で選んで渡すことやサプライズにこだわるのではなく、相手と一緒にプレゼントを選ぶ、という方法です。

相手と一緒にプレゼントを選んでいる時間って楽しいものですし、選ぶ時にいろんなことを聞けたりするのでさらに詳しく相手の好きなことを知ることができます。

その時に選ぶプレゼントは一つかもしれませんが、その周辺でいろんな要素が出てくると思うので次のチャンスに生かすことができますよね。

需要がなければ意味がないというリアル

気をつけておきたいのが「高価なもの」が必ずしも喜ばれる訳ではないということ。相手が興味があるものでなければいくら高価であったとしても見向きもされませんし、逆に「こんな高価なものをもらって悪い・・・」という気持ちにさせてしまうかもしれません。

僕個人の体験談で言うと、付き合っていた彼女に割と高価なアクセサリーをプレゼントしたものの、そういうものに興味が無くて、むしろその時に相手がハマっていたコミックの「ハイキュー」をレンタルしてきてあげたらその日一番の笑顔でめちゃくちゃ喜んでいました。

それはもう儚いものですね。頑張って貯めたお金も数百円の漫画レンタルに負けました(笑)。

おわりに

以上、プレゼントは自己満から始まる!についてでした。拙い文章をここまでお読みいただきありがとうございました。

まずはプレゼントを贈る自分自身が楽しむこと。そしてその上で相手にも喜んでもらえる工夫をすること。

これって書いてみて思いますが、プレゼントに限らず相手のあることなら何でも言えることだな〜って感じました。相手を良く知ること、知ろうとすることが大切。改めて相手に気持ちを馳せていくことの大切さを感じられた時間でした。

 

お読みいただいた方のプレゼントに関する体験談や、お悩みなんかも聞かせていただけるととても喜びます!ぜひコメント欄などで交流していただけると嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。